2005年09月16日

悠久の地 飛鳥へ

奈良・・・。

地味な街。
京都のついでに行く街。
色でたとえるなら、茶色。(鹿のフンとかカビた建物)

そんなオナラに並々ならぬ関心を寄せるようになったのは、ダンナの実家だという理由が大きいが、私が神社に興味を持つようになり、最終的にたどり着いた地点でもある。

中学校の修学旅行で初めて訪れて、大人になってから2回目の上陸となる。


今回は、飛鳥時代の政治の舞台であり、万葉の里でもある明日香村に行ってみました。

平城京跡のある奈良市内から車で南に下ること約1.5時間。
途中、大和三山(香具山、畝傍山、耳成山)が現れると、万葉の香りがプンプン。
そんな逸る心とはウラハラに、交通の要である明日香駅をあやうく見逃しそうに・・・。

っつーか、ただの田んぼじゃん!!
うちの田舎の景色とかわらないじゃん!!

思わず「兄ちゃん、いてこますぞ」なんて偽関西弁を吐きたくなるような、
ごくごくフツーの田園風景にちょっぴり不安になった。

気を取り直して、まずは高松塚古墳
2005_0911nara0014.JPG
なにやら古墳の上は工事中。
隣接する完コピ壁画を展示する資料館で、ボランティアのおじさんがおっしゃることには、
昭和47年の発見以来、保存上いっさい公開されることのなかった国宝の壁画は、
なっ、なんと、最近、除去困難なカビが発見されたそうだ。
一度も一般人の目に触れられることなく。
それで、室内温度を下げるための工事をしているんだとか。

ただ、この古墳、どなたのお墓か未だ不明なため、さまざまな憶測が飛び交っているそうです。
地理的に、真南にはキトラ古墳、真北には藤原京、平城京、さらに北には平安京、近江京も位置している。
これを「聖なるライン」と呼ぶらしいのだが、風水的に凄いパワーを持った地だと言われていて、もしかすると天皇さんのお墓かもしれないんだって。


続いて、蘇我馬子が造ったといわれる日本最古の仏寺、飛鳥寺です。
2005_0911nara0016.JPG
飛鳥大仏が御座います。
遠くには甘樫丘も臨めます。

が、しかし。
ここで、仰天エピソード発見!

住職謹記という看板が寺の隅に掲げてあったの。
概略は以下。

この場所から見える景色は新羅、百済の古都と酷似した風景である。
日本文化の古里である古都飛鳥のこの風景には、新羅、百済の人々の望郷の念は禁じえない。


なんてことでしょう!!
日本人のルーツは朝鮮人だということを、さりげなくカミングアウトしちゃってます。
恐るべし、飛鳥。

さらに、この寺の脇には、大化の改新で刎ねられた蘇我入鹿の首塚がある。
2005_0911nara0019.JPG
飛鳥寺から100Mくらい離れた地に大化の改新の舞台と伝えられる飛鳥板葺宮があるのだが、
そこから、自分のおじいちゃん(馬子)が建てた寺めがけてクビが飛んできたんですって。

これ、田んぼの中に埋もれるように置かれています。


続いて、石舞台古墳
2005_0911nara0021.JPG
これは蘇我馬子の墓だと言われているそうです。
上部が平らになっていることから、狐が舞を見せたとか旅芸人が舞台がないので仕方なく演じたなどのエピソードから、後になって石舞台と名づけられたそうな。
われわれも、この中にもぐることができます。


私が訪れた主なところはこれくらいだけど、
そのほか、鬼がそこで用を足したり料理をしたと言い伝えられる、鬼の雪隠、俎(まないた)や、亀石など不思議な岩がその辺にごろごろあります。


<感想>
明日香のあらゆる史跡は、無造作にあります。
古墳もごろごろあります。
発掘が面倒くさくて、掘り起こしていない場所も多々ありそうです。
そして、史跡たちはそこに住む人々と共存しています。
イメージとしては、田んぼのまん中に伝説の岩が鎮座しています。
もしかすると、そこの地主は、
「あの、でかい岩さえなければあと100kgは余計に収穫できるのに・・・」
なんて毒づいているかもしれません。
そして、前述の板葺宮などの○○跡というのも、ほんとに跡地です。
なんの装飾もほどこしていません。ただの溝です。

そう考えると、飛鳥時代は古すぎて資料もないので、伝説と真実がごちゃまぜになっているために、再現が困難なのでしょう。
だから、地味なイメージがあるのかしらね。
でも、とても心惹かれる地であったことは確かです。

私が次に訪れるとき挑戦したいのが、万葉集を片手に歩くこと。
のどかな風景で、読み人の気分を味わうのが楽しそうです。
実際、万葉関係の施設がいたるところにあったしね。














posted by 毬藻 at 20:04| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 神社・寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

NARA

4泊5日の旅から、おととい無事に帰ってきました。
昨日は時差ぼけのように寝続けてしまって、体がだるい・・・。

車で約8時間。
道中、台風で激しい風雨にみまわれたり、
おかん逢いたさに車を飛ばしすぎ、スピード違反で捕獲されたりなどのちょっとしたハプニングがありつつも、何とか義母の待つ奈良の実家に辿り着いた。

ダンナに実家はうさぎ小屋みたいだと言われ続けていたので、
おっかなびっくり入ってみたところ、
・・・・・・・・・・。
感想 『あ、確かに。。。』
これ以上は、ダンナの名誉のためにダンマリ通します。

帰省とはいいつつも、場所が場所だけにすっかり観光気分だった私。
ガイドブックで行きたいところをいくつもピックアップしていたのだけど、
嫁としての3泊は、ことのほか疲れたようで、当初の予定から大幅に削除するはめになったわ。。。

だからといって、嫁として何をしたわけでもなく、
義母があれこれ世話をやいてくれたり、毎日一番風呂をいただいたりと、すっかりゲスト扱いだったんだけどね。
まあ、出発前におかんの息子への愛情渇望事件などもあり、
ちょっとビビっていたってのと、気を遣われると気を遣ってしまうのよねぇ。。。
うさぎ小屋は3日もすると慣れたけど。

でも、おかんの還暦お祝いをしたり、亡くなった義父の七回忌も無事に済ませたり、
おかんも愛が満たされたご様子で終始ご機嫌。
めでたし、めでたし。

それにしても、関西は安くて美味しいものが多いのね。
おかんのお祝いをした懐石のお店も、東京ではありえない値段で、
大きな松茸土瓶蒸しや、ハモを食べさせてもらったし、
淡路島で普通にお寺の脇にあった洋食屋では、人生で3本指に入るほどのコーンポタージュに巡り合った。
さらには、家で白髪そうめんっていう極細のそうめんをいただいた。

なんだか食べ物の話ばっかりになってきた。。。


次回は、ミステリアスな明日香村のレポートするんでよろしく。








posted by 毬藻 at 14:18| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

はじめての失敗宣言

いつものところで髪を切り、カラーリングした。

毛先がめちゃくちゃ痛んでいたので、パーマはNG。
カラーは根元にリタッチするだけが良いとのアドバイスにしたがって、
おまかせしておいた。

会計を済ませて、店を出た。
いつもは出入り口のところでサヨナラする担当男子が、なぜか外まで一緒に出てきた。

ん?兄ちゃん、人妻を誘おうって魂胆かい??

そして彼、

実は、中ではちょっと言いにくかったんですけどぉ・・・・

キターーーーーーッ!! (~A~)/  ←電車男のつもり・・・

うわぁ。この店長、カマぶってるけど実は女好きだったんだ。。。


あの、、、すごく目立つって訳じゃないんですけど、
あ、これは僕の判断ミスなんですけど、根元と毛先の色のグラデーションがうまくいかなくって。
いや、失敗ってわけじゃないんですっ、ただ僕が納得が行かないって問題でっ。
今回はお金いただいちゃったんですけどっ、次回はカラーを無料でっ、あ、カット以外だったら無料でやらせていただきますから。ほんっと、すみませんっ!!!



えーーーっ!!??
失敗したって言われたようなもんじゃん!!!

私、自分的に大失敗したと思って落ち込むときはあったけど、
美容師さんに失敗したって言われたのはじめてです。。。
そういえば、ブローの時、ずーっと、根元のカラーはこれでいいんだとかブツブツ言ってたよな、彼。
店長さんだから、みんなの前では言えなくて、外でコクられちゃったってわけね。

でもね、お兄さん。
潔く失敗宣言するのは良いですが、その髪と数ヶ月付き合う私はどうすればいいのでしょう?
だからと言って、今ここでキレるのも、なんか変じゃん。
私、言われるまで気づかなかったんだし。。。

結局、
あ、、、は、はい。だい、、じょうぶ、です。
と、作り笑いを残して立ち去るしかなかった私。



そんな、グラデーションの妙を楽しむしかない私ですが、
明日から、旦那の実家に初訪問すべく、奈良に行ってきます。
そのほか、淡路島や京都にも行くよ♪
もちろん、メインは実家訪問だけど、念願のパワースポットに行くのもすごく楽しみ。


マイナスイオン吸いまくって、パワーアップして帰ってきちゃうもんね。




posted by 毬藻 at 19:24| 東京 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

選挙に行ってみました

今度の日曜日は選挙の日ですが、
この日東京を留守にする予定の我が家は、人生初めての不在者投票をしてまいりました。
なんか、日本国民を積極的にまっとうしてる私にちょっと興奮しちゃったりして・・・

今回の選挙は、どれだけ投票率が上がるか?ってのも注目されていることの一つだけど、
期日前投票にもかかわらず、役所にはけっこうたくさんの人が来ていたわ。
そして、投票所の出口では、まさにNHKの出口調査が行われていたよ。
やっぱり、今回は特別盛り上がっているのかしらね?

実は私、何を隠そう選挙が大好きるんるん
というか、投票に行くというよりも選挙特番を観るのが大好き。
だって、普段は運転手付の高級車に乗っている"先生"が、ここぞとばかりに自転車に乗ったり、農家の家を一軒ずつ周ったり、いつぞやは、省エネスーツなんて袖をちょん切るなんていう奇行に走った人もいたっけ。

とにかく、選挙区の市民に媚びへつらっている大人を見るのが大好きなの!
選挙って男女の恋の駆け引きみたいじゃない?
ヤリたい男が必死であれやこれやと女に世話を焼いて、ヤッちゃった後は手のひら返しみたいな。
なんかその悲喜こもごもを見ていると面白いんだよねぇ。
そうさ。あたいは下世話な女さ。

そうそう、今回も私の好物エピソード発見。
元ミス東大、高級官僚の某女史。
選挙のために980円のスニーカーを履いて行脚しているんだって。あはは。。。
履き潰しちゃうから3足買ったんだって。うふふ。。。
で、なんで??
ナイキ履いてると文句言う人いるの??
あ、でも、応援してるのよ、私。
小泉純ちゃん好きだから。
ガンバレ、マドンナ。

あー、今年はそんな面白い人たちの当落を見届けることができないのが残念だわ。
選挙特番をビデオに録画しちゃおうかと真剣に悩み中。。。








posted by 毬藻 at 12:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月01日

ランチビール♪

今日、昼下がりにランチビールを飲んだ。

うっ、、、うめぇ〜〜〜〜ぴかぴか(新しい)

平日昼間に飲むビールは、いつもの2割増でおいしい気がするの。
たとえば、朝、思い切って、いつもの電車の逆方面行きに乗った気分。
やったことないけど・・・。

愛しさと後ろめたさと心苦しさと、、、
篠原涼子の歌のごとく、複雑な乙女心が渦巻く幸せの味。
ランチビールハートたち(複数ハート)


最近、偶然、友人に会う予定が重なっているので、
今がチャンスとばかりに、滞っていた心理実験の被験者をお願いしまくっている。

働いていた時には、会社の人を別室に呼び出してお願いしていたのだけど、
今は、被験者を短期間で集めるのが大変。
なんて言い訳をしながら先延ばしにしてきたけど、いい加減、やってやるぜ。


ある日突然、変なアンケートのメールしても気持ち悪がらないでください。



posted by 毬藻 at 21:30| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

私の夏

もう、すっかり秋の風ですねぇ。
みなさんいかがお過ごしですか?

甘皮日和の夏はあっという間に終わってしまったようです。
やっぱり、所詮甘皮程度のブログなのです。

毬藻の夏は、例のごとく、海も花火もバーベキューも夏らしいことは何一つせず過ぎ去りました。
そもそも、私が波に乗ったり、白砂の上を駆けずり回ったり、河原で肉焼いたりしている姿は、想像しただけで・・・、なんか違和感・・・。
もうとにかく夏は苦手なのだわ。

そして、主婦の夏は思いのほか暑い!!!

家でごろごろしている分際で、一日中エアコンをつけているのは気がひけるわけで、
今年、扇風機を買ってみた。
日中、どんなに暑くても扇風機オンリーの生活。
汗だくになろうと、首筋にあせもができようと気にしない。
一番太陽が高い時間にちょっとその辺まででかけている途中、セミが顔に直撃したり。

でも、これが思いのほか慣れてしまったらしく、たまに電車に乗るとエアコンがきつくて頭がガンガンするようになってしもた。
一日中エアコンの下で過ごすってことはなんて体に悪いのでしょう。
そりゃ、女子は冷え性になるよ。
毛布を体に巻きつけてアピールしたくなるわよ。


そんな私。今年は3週間近く女子大生をしてみた。
通信大学のスクーリングがあったのだ。
バス停にもコンビニにも図書館にもキャンパスは年増、年増、年増の群れ。
食堂から聞こえてくる笑い声は、綾小路きみまろの観客の笑い声と一緒。
どんなに若い格好をしていても、後姿が真性の女子大生とは何か違う。

でも、そんな特殊なキャンパスライフがとても刺激的なんだよね。
みんな主婦したり仕事したり子供育てながら、うまく時間を作ってお勉強してるんだわ。
驚かされたのが、去年のスクーリングで、
「何の目的があって通信で勉強しているのか?」
というアンケートをとったのだけど、
もちろん、私のように将来何かしら収入の足しにしようと、算盤弾いている輩もたくさんいるのだが、「ただただ勉強をしたいから」という人が圧倒的に多かったという事実。
子育てがひと段落して、ちょっと大学でも行くかっ!という人が多いらしい。
人間ってすばらしい生き物だと思った瞬間だったわ。


私も、いくつになっても知らないことを貪欲に知りたい、学びたいと思える人でいたいな。


もうすぐ秋。
夏バテしてた甘皮日和も復活させようっと。

posted by 毬藻 at 16:26| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | カウンセリング/学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

夫の役目

生命保険に入ってもらったの。
夫に。

私を幼いころから可愛がってくれていた伯父が、
ずっと保険会社に勤めていたこともあり、
夫が今まで加入していた生命保険を見直してくれたのだ。

人のいい伯父は、
「ちょっと縁起が悪い話でごめんね」という前置きを毎回つけながら、
旦那さんが病気で亡くなったら保険金はいくら、
旦那さんが事故で亡くなったらいくら、という話をしてくれた。

私も保険会社で働いていたので、そういう場面は何度も目の当たりにしていたし、
別に今まではなんとも思わなかったのだが、
自分の夫を生命保険に加入させるという行為は、
なんともいえず、興奮した。真剣に考えた。
そして、死んだらこれだけのお金を手にするんだと思うと、保険金殺人したくなる気持ちがちょっとだけ、ほんのちょっとだけね、分かる気がした。

まあ、それは冗談ですけど。

夫婦になって新しい家庭を築くにあたり、
死の準備が必要不可欠であることに初めて気づかされた。
これは、独身のときには全く考えなかったことかも。
もちろん、今だったらまだ若い(?)し、働き口もまだまだあるだろう。
でも、これが5年後、10年後に育ち盛りの子供がいる中、家計を支えている夫に先立たれてしまったら、
愛する人が亡くなって寂しいという感情だけでは終われない。
それでも今までどおり子供を育てて生きるという使命を持って生きていかなければいけない。

そう思うと、自分が死んだときのために、妻にお金を残すというのは、
夫の重要な役割なんだわね。

結婚なんて、たかが紙切れ一枚のものだと思うところもあるけど、
紙切れ一枚で、人の人生を背負い合うっていうのかしら?
死んだら後はよろしくたのむよってな具合に関係が成立しているんだと思うと、ちょっと恐ろしい。
全くの他人だった人に人生預けちゃったり預かっちゃったりする関係。
夫婦になるって、とてつもなく深い絆を結んでいることなんだと思った。

考えてみたら、世の中の仕組みもそうなっているしね。
私の義母も、夫を亡くして遺族保険と言う名のもとに国から生活を保障されているし、
うちの母が今後もらうであろう年金も、やっぱり父の稼ぎにゆだねられていたりするもんなぁ。

私のために、たくさんお金を残そうとしてくれている夫のために、
私はこれから実家に帰るわよ。
実家に帰って、私の生命保険の契約内容を変更してくるわよ。
私だって死んだら葬式代くらいは夫に残してあげないと。

何で実家に帰るんだって?
親バカの両親が、未だに私の保険料払ってくれてるんだもの。
仕方ないじゃない・・・。











posted by 毬藻 at 12:57| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

実は好きかもしれない現実

最近観ているドラマ。

スローダンス

実は、これに出ている妻夫木も藤木直人も割と私のタイプだ。
よって、私にとってこのドラマは内容はどうであれ、祭りだわ。
いやぁー、こんな兄弟に口説かれたら、人生全て投げ出しても悔いはないかも・・・
なんて要らぬ想像をしている自分が惨めで哀れ。でも、許している。

彼らが共通して私のツボなのは、である。
マウスね。

大きくて、できれば唇厚め。
笑ったり歌ったりすると、これでもかというくらいに伸びるのが良い。
なんかこう、口だけで説得力があるっつーの?
唇の自己主張みたいな、そんな顔をツマブキ氏も藤木氏もされているようです。

じゃあ、まな板に明太子のような顔で良いのかというと、もちろん、そんなことはなくて、
さらに、眼は切れ長が良いとか、バランスも大切よね。

そんなこんなで、私の中で、ツマブキ氏は最近の若者の中で最も理想形の顔だと思っていたのだけど、実は、藤木のほうが一枚上手だったみたい。
この人、ど下手なくせに歌手やったりするから、好きだと思ってもすぐに嫌いになっちゃうんだけど、
やっぱ彼のほうが大人だわ。
30過ぎてからじゃないと出せない安定感というのかしら?

突っ走るだけじゃダメなのよね。ツマブキ。
5年経ったらまたおいで。

ついでに、ドラマはこれでもかというほど30女を貶めている話だけど、
実際、こんなに虐げられるもんか?とも思うけど。流行ってるんだな。
深津がかわいいから許すか。




posted by 毬藻 at 12:13| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(1) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

地震対策

いやぁ、昨日はまいったまいった。

地震

昨日は三鷹で用事を済ませた後、友人に会うために銀座に行くことになっていた。
三鷹駅に着いたら、ちょうど5分前にあった地震の影響で電車が全て運転見合わせだって。

結局、三鷹駅のホームで2時間近く放置プレイされ、銀座まで3時間の長旅になってしまったよ。
それにしても、さすが巨大ターミナル新宿駅。
地下鉄に乗り換えるために降りたのだけど、
JR、私鉄、地下鉄、全線ストップの衝撃は大きく、途方にくれる人々が階段や通路に座っている様は、テロさながらの風景(知らないけど)に見えて、背筋がゾクっとした。

大地震が来る来ると言われ続けているが、地震ではよっぽど運が悪くない限りは死なないでしょう。
そして、避難所生活なんかを送るのも極一部の地域だけでしょう。
よって、一番可能性が高いのが、電気・ガス・水道がマヒした状態で生きなければならないことでしょう。

そこで、阪神の震災に遭った人などに聞いた地震対策をご紹介。

☆電気が止まったときのために
 ・ろうそく&マッチ(ライター)の買い置き
 ・電池いらずの多機能LEDライトがあると便利

☆ガスがとまったときのために
 ・ガスコンロ&予備のガスボンベを常備

☆水道が止まったときのために
 ・ペットボトル水の買い置き
 ・お風呂に常に水を張っておく(残り湯を捨てずにとっておく)
  ※これは去年、横浜で台風被害にあった人も言っていました。
   数日の断水でもお風呂はこれでしのげた、と。
  ※ちなみに、風水ではこれをやると「主人が家に帰らなくなる」といわれています。


その他考えられることが、物流のマヒ
コンビニやスーパーに人が殺到し、食料や生活の必需品が買い占められる可能性があります。
もちろんそのために食料の買い置きなどの対策がありますが、もう一つ、小銭を多く持っておくこと、だそうです。
例えば、5万円くらいを全部千円札や5百円に崩して家に置いておくのです。
というのも、人が押し寄せると、必然的に店に小銭がなくなって、おつりを貰えない状況に陥ることが多いらしい。それでもどうしても必要な数百円のものを買うために、一万円札で払ってお釣りをもらえずに帰ってくることもままあるそうなのです。


以上。
我が家でも実践していることはこれの半分くらいしかないけどね。

でも、こういう生々しい話を聞くと、災害が他人事ではない気がするわ。





posted by 毬藻 at 08:53| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

フィニッシュ!!

先週末、私達にとって、おそらく最後にして最強の結婚パーティーに行った。

私達が出会うきっかけになった会社の、同僚のみなさんが主催。
社内の人たちには一切告げずに、密かなオフィスラブを敢行していた私達にとって、
彼らは二人が愛を育むにあたり、最も近くで時間を共有してきた人たちであり、
すっかり騙しまくってしまい、頭があがらない人々でもある。

だからこそ彼らには、ドレスアップして瀟洒な場所に来てもらって、高砂からお出迎えするのが筋ってもんだったかもしれないが、それも叶わなかったこともあり、
正直、不誠実なことをしたという後ろめたい気持ちがあった。

でも、今回はそんな気持ちが吹き飛ぶくらい楽しい宴を催してもらったわ。
とても素敵な会場とプレゼントを用意してくれて、
人前で話すことを生業としてるはずの彼女が、緊張して祝辞を述べてくれたり、
みんなで寄ってたかって赤裸々な質問を浴びせてくれたり、
若干古いマツケンサンバとピンクレディーを披露してくれた。
というか、何よりもこんな私達のために集まってくれたのがありがたかった。

ふぅ、安心した。
これでようやく、お祝いしてもらいたいと思った人たち全員に、お礼を言うことができた。

ほんとうに、どうもありがとう。

2005_0715party0715050005.JPG

残るは、うちの母があーだこーだ言っている写真の整理と、
クラッシュしたPCとともに消滅した住所録を整理して、みんなにハガキを送るのみ。

やれやれ。
これで、私の結婚イベントは終了ね。


ちなみに、次の新たな目標は、最近毎週ジムでやってるヨガのために体をやわらかくすること。
あたしの体の堅さは半端じゃない。
前屈してるときの頭の高さが、隣で並んでやってる爺さんといい勝負なんだってば・・・。

posted by 毬藻 at 15:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。