2005年05月05日

30代ブーム到来!?

最近はまっているドラマのひとつ。

それは、anego

昨日も食い入るように見入ってしまったが、
篠原涼子がおもしろい。昨日の走っている姿はかなりリアルだ。
あれはまぎれもなく30代の走り方だ。

毬藻30歳。
思い起こせばあたしらの世代、スポットライトを浴びたことなんてなかった。

ベビーブームに乗ってオンギャーと産まれてみたはいいものの、
隣近所もみんなボコボコ産まれてくるもんだから、「かわいい〜!」なんて今のガキどもの半分も言われたことがない。(予想)
中学校に入ったら、1年12組。12組って何よ?
普通、3年B組とかじゃないの??
仮設プレハブ小屋が教室ってどうなのよ??
高校活動は氷河期。
中学・高校時代にバブル期で女子大生ブーム。
やっと憧れの女子大生になったと思ったら、バブルは崩壊、すでにブームは高校生へ。
会社に入っても、経費削減、ボーナスダウン。後輩は入らずずっと下っ端。

ところが、今は「anego」といい「曲がり角の彼女」といい、30前半の女性がドラマの主役に躍り出ちゃってるじゃないですか。
負け犬なんてネガティブな言われ方をしたりもするけど、ドラマになったらこっちのもんだわ。素敵な男性たちに囲まれてモテモテじゃないですか。

がんばれ〜!!
篠原!稲森!!

ちなみに、今流行ってるのは30代独身女性かと思われ、
30歳目前にして慌てて入籍なんぞしている私は、やっぱり時代の主役になってないんだよね。

でも、あのドラマを見ていると、会社帰りのビールは格別に美味しかったし、
夕暮れ時のアスファルトが冷めていく匂いとか、なんともいえず懐かしく、
胸がキュンとしてしまうのです。
posted by 毬藻 at 12:46| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

L・O・V・E エビちゃん!!

home 013.jpg

今日、長崎は五島から届いた伊勢エビ。
義母のお友達が、結婚祝で送ってくれたのよるんるん

そして、このお三方・・・
活きてる!!

最近の郵便事情はとてもすばらしいのね。
今日の朝水揚げされた長崎のエビが、
活きたまま、その日のお昼に東京の家庭に届くんだから。

もちろん、今日の晩ごはんはエビ。
普段は人を食ったような態度のダンナさまも、このときばかりは殺生の儀式に緊張気味。
今日は3匹中、2匹を殺めて食したのですが、
直前まで元気だった彼のほうが、鮮やかなピンク色なのね。
それにしても、あーーー美味しいハートたち(複数ハート)

偉そうなことを言ってはみたものの、
海無し県育ちな私は、そんな新鮮なものが食卓に並んだのは初めてで、
エビ1:ご飯5くらいの割合で、
あっという間にお腹いっぱい。

巷では、エビちゃんとかいうモデルが大人気らしいけど、
うちのエビちゃんもブレイクしてるわよ。
はさみで真っ二つよ!!
シッポもヒクヒクしてカワイイんだから!!
posted by 毬藻 at 23:15| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

東京散歩ニイキマセウ

あー、世の中はGWだね。
うちは、来月の挙式でお金がぶっ飛んでしまったので、
お財布がすっからかん。
どこかに行きたくても行けない。
狭い日本、何をするにもお金がかかる!
とは言っても、インドア派の私たち。
別に休みだから遠出しようなんて、そもそも考えていないんだけどね。
でもさぁ、こっちは平日も朝から晩まで籠の鳥なんだから、
休みのときくらいは出かけようよ。

それじゃ、
お散歩に行こうよ!

いいねー♪
では、明日あたり近場の深大寺に行きましょう。
でも、ただの散歩だと老夫婦みたいだから、
「東京散歩」ってことにしましょうよ。ほら、途端にノスタルジックになったでしょ?

うーー。それにしても天気が良すぎるなぁ。
洗濯物はよく乾くし、最高なんだけど、
紫外線で顔が真っ黒になったら、嫁入り前の娘は困るんですけど。
それに「東京散歩」って、快晴で汗ダラダラなのって雰囲気と違うんだけどな・・・

そうすると、やっぱりおうちでゴロゴロしてるのが一番なのかしら・・・?





posted by 毬藻 at 15:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

悩ましきこと

最近、私の体調がちょっとおかしい。
詳しいことは想像におまかせ(?)するが、
おおざっぱに言うと、下半身に異常をきたしている。

これはもしや、子宮がん!?乳がん!!??

「おかあさん。私、死ぬのかな・・・?」

一人になると、死の恐怖が襲い掛かってくる。

来月、バージンロードを歩いている途中で死んだらどうしよう。
誰か私のこと小説にしてくれるかな??
こんな汚らしい格好で救急車で運ばれたらどうしよう。
せめてパンツくらいはキレイなものをはいておかなくちゃ・・・

そういえば、私ってば30歳にもなって、
親に生命保険料払ってもらっているんだった。
ガン保険って入っていたかな??

怖いけど婦人科に行ってみようかな?
そうだ。私、国保に加入しなければいけないのね。
などと思いたって、市役所へ赴く。

「世帯主のお名前で加入してください」
え?私は加入者になれないの!?
世帯主の名前で加入してくださいだって。国保って一家で一つらしいのです。
つまり、ダンナは会社の社会保険を払っていて、失業中の私は国保に加入する場合でも、
国保はあくまでダンナの世帯の保険として加入しなければいけないってこと。
しかも、前年度のダンナの所得から保険料が算出されるらしい。
なんじゃいそれ?
私が求職中であろうがなかろうがおかまいなしに保険料はダンナから搾取する魂胆だな?
何か変なの。


あ、言われる前に言っておこう。
ちなみに、妊娠したわけではないのであしからず。。。
posted by 毬藻 at 13:23| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

ぐうたら人間

自慢じゃないけど、私はとてもぐうたらな人間である。
とにかく、だらだらしてるのが大好き。寝てるのが大好き。
完全にインドア派だ。
あれもこれもやるなんて、あーめんどくさ。

でも、私がここで「ぐうたらです」と告白した時点で、
真のぐうたらではなくなっているのではないか?

本当にぐうたらな人は、「ぐうたらです」と人に告げることさえ面倒くさいのではないか?

そうすると、何らかの形で社会とつながっている人は
ぐうたらチャンピオンにはなれないのかな?
じゃ、私は全国で何番目くらいにぐうたらなのかな?

あん。なんだかそんなこと考えるのも面倒くさくなってきた・・・




posted by 毬藻 at 22:57| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

細木数子狂時代

ちょっと前の話になりますが、、、
「4月9日(土)午前中に西南の方角」
って、何があったかご存知ですか?
そう。
「水星人がここで宝くじを買ったら絶対に当たる!」
と、年末に細木数子大先生が、年末のテレビ番組で豪語していらっしゃったスポットです。

もちろん、4/9に水星人の私宛てにメールもお電話もありました。
「宝くじ買ったの??」
げっ、忘れてた!もう午後になっちゃった。。。
「とりあえず今日中には買っておいたほうがいいからね!」
え?午後でも良いって言ってましたっけ?おかあさま。

結局、午後おでかけのついでに向かった先は、もちろん西南の方向。
渋谷の宝くじ売り場。
ところが、駅前のどこのお店も宝くじは売り切れ。
あんまり買ったことがないからわからないんだけど、
宝くじって売切れることってあるんだ!?
その後、目黒まで足を伸ばしてみたが結局その日に買うことはできませんでした。

そんなこともすっかり忘れていたある日の早朝。
「宝くじどうなったの?」
「あー、買えなかったんだ。」
「えーー!!何で買わなかったのよーー。水星人の○○くん、当たったって!5万円!!」
「・・・・・」
「・・・・・」
「だから、何?」

おかあさん。アカの他人が宝くじに当たった話をするためだけに、朝の9時に電話してこないでください。

やれやれ。
そんな私の母はすぐに占いに乗せられます。
しかも、毎年信仰が変わります。
確か、去年が風水。その前は四柱推命。
去年の風水信者の時には、娘の婚期を心配するあまり、彼が留学から帰ってくる日をもっと後に延ばせと言い出しました。
そんなことに従ったらビザが切れます。人の恋人を不法滞在者にするつもりですか?
とキレてしまいました。

先日も、地元の祖父母と結婚の食事会日程を決める際、
日めくりカレンダーを見ながら、この日はダメだ!と言い出しました。
え?仏滅なの??
「ううん。それは大丈夫なんだけど、このカレンダーに書いてある言葉がよくないの、、、」
カレンダーに書いてあった"本日の言葉"が気に入らなかったそうです。
いい加減にしてよ!!と、周りはキレました。

ま、そうは言いつつも、彼女の占い好きは娘の私にも脈々と受け継がれておりまして。。。
子供の頃にあなたに買ってもらった星占い本のおかげで、
未だに人のことを12星座で判断したがる人間になってしまいました。。。

そして、実は今年のはじめに、細木数子の本も家族全員で買ってしまいましたね。
全く興味がない父をパシリにして、近所の本屋に買いに行かせて。。。
posted by 毬藻 at 13:58| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月05日

スポクラ天国

おばはんたちのけたたましい野鳥の鳴き声のような笑い声が、
ジムからプールからサウナからこだましている、平日の昼下がり。

とても平和である。

こんな世界があったのか、、、?
社会では、あんたたちのおとうちゃんが、上司にいびられ部下にばかにされ、派遣OLに陰で変なあだ名つけられても、毎日文句も言わずに満員電車に揺られているのにね。
ここの空間では、ひたすら私たちは自分の肉と向き合っていればいいのね?
ここの脂肪はちゃんと燃えているかしら?なんてことばっかり考えていれば良いのね?
ジャグジーにもたれながら思わずにやけてしまった。

不景気だとかなんとか言っているけれど、
うちから徒歩3分ほどにある某スポーツクラブは
そんなことを微塵も感じさせない優雅な時間が流れている。
乗り付ける車はベンツ、BMW。
「週に3回来れば慣れるわよ」
ヨガで隣になったマダムからのアドバイス。
へぇ。3回も来てるんだ。。。
だから、クラスの全員がお友達みたいになってるのね。
新入生だからって、私のことあんまりジロジロ見ないでください。

たぶん、この後1Fのカフェでお茶して帰るんだろうな。
うちの妹が、カフェで水だけで何時間も居座るおばはんだらけだって言ってたもんな。

あれ?
私が将来目指しているのって、彼女たちみたいな人?
posted by 毬藻 at 20:17| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月09日

花粉のバカ

今日は毎週恒例の有給消化デイ。
何しようかな??
とりあえず、今月中に病院に行けるだけ行っておこう!ってことで、
前々から視力の低下が進んでいたのが気になっていたため、眼科に行く。

今日は天気がいいから、愛車のシボレーに乗って行こうかな?(あ、自転車ですけど。ビンゴで当てた・・・)
勢い良く飛び出したはいいものの、花粉がひどくてくしゃみが止まらず、
ぽかぽか陽気に誘われて、、、浮かれ気分は秒殺。
結局、メガネにマスクで春の風を完全シャットアウトしながら、なんとかかんとか吉祥寺へ辿り着いた。
それでももったいなくてあきらめきれず、眼科が終わったら吉祥寺を散策しようと、ちょっとかっとばしてはみたものの、鏡に映った自分のみすぼらしい姿を見るにつけ、逃げるように退散。

帰り道、ふとマスク越しに懐かしい匂いが、、、
そうそう、これは子供の頃によく嗅いだ草の根っこのような土の匂い。
そういえば、わたし田んぼ道をチャリンコ通学(通称チャリツウ)してたな。。。
片道9kmだったな。。。
東京の片隅で、すっかり都会人ぶって生きているけど、
やっぱり私は田舎もんだったのだと気づかされた春の午後でした。
posted by 毬藻 at 22:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

今日の私は・・・

このところ、めっきり喜怒哀楽、特に喜楽に乏しい。
最近、とても嬉しい、とても楽しいと思ったのはいつだっけ?

そんなのは自分のせいなのは重々承知の上です。
幸せは歩いてこない。だから自分で歩いていくのです。

そう。今の私は、自分から歩いていくことを怠っているためでしょう。
あまりにも淡々と生きすぎています。
必ずしもマンネリした生活を送っているわけではないのに、
この倦怠感の甚だしさは、どういうことなのでしょう?
毎朝自分の顔を鏡で見るのがとても嫌です。

はぁ。
ダメだダメだ・・・

誰にも胸の内をご披露することができません。

posted by 毬藻 at 13:03| 東京 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日

髪を切りに

昨日から2連休。
有給休暇を今月中に10日間取得しなければいけないので、
最近、毎週水曜日は中休み。
今日はなんとなく気分が優れなかったので、また休み。
あー、自由だ!!

昨日は、そんな自由な時間を謳歌すべく、
ヘアーをカットしてまいりました。
いつもの土日の流れ作業のような喧騒とはうってかわって、
そこには、暇そうな店員たちと暇な主婦の優雅な時間が流れていました。

それにしても、美容師たちがあんなにお喋りするような決まりを作った人は誰なのでしょう!?
私はそれのせいで、いろんな美容院をさすらう流浪人です。
「今日はお仕事お休みなんですかぁ〜?」からはじまり、
「家はどこ?」「休みの日は何してるの?」「どこのお店が美味しい?」・・・。
さらには、
「ちょっと聞いてくださいよぉ。おれぇ、今日、マジついてないんっすよぉ〜」
などと俺話をする始末。
口動かす前に手動かせ!!こっちこそおめえが担当になって、ついてねぇんだよ!!
何度お説教しようと思ったか。。。
フリートークが上手なことがサービスには繋がらないと思うんだけどなぁ。
私の周りでも、ゆっくり雑誌読みたがってる人いっぱいいるんだけどな。

前に住んでいた下高井戸の小さい美容室で、とても好感度の高い美容師(女子)に出会った。
彼女は、無駄口を全くたたかず黙々と仕事をこなす子で、
しかも手を動かすのがめちゃくちゃ早い!
だからと言って、何も喋らない刀職人のようなこともなく、たまに、
「あなたの毛はこうで頭の形はこうだからスタイリングは云々」みたいな、
気の利いたコメントを口にする。
私は思わず、
「○○さんって、いいね。職人さんみたいで、余計なおしゃべりしないで・・・」
などと声をかけてみたら、真っ赤な顔して喜んでた。
彼女曰く、自分は不器用だから、おしゃべりとカットを両方同時にできないので、よく店長に怒られます、だって。
それで良いのよ。わたしらは、おしゃべりするためにお金払ってんじゃないから。
結局、私の引越しを期に、たった3回のお付き合いで終わってしまった彼女。
元気かな?行くの面倒だけど、やっぱりまたあそこに行こうかなぁ。。。

ちなみに、吉祥寺に引っ越して初めていったところは、
隠れ家的サロンというクチコミ情報に惹かれて挑戦。
男性一人、アシスタント一人でとても小さなところで、
最初は、ものすごい静かな雰囲気で彼もおとなしい。
よしよし、私好み。なんて思ったのも束の間。
おや?おかしいぞ?
彼、本当に何も話さない。
普通、シャンプーします。とか、カラーに移らせていただきます。とか、自分からは言わないの?
「今何やっているんですか?」とか全部私が聞いてんじゃん!!
終いには、「どういうスタイリングの仕方が良いですか?」という私の質問に、
「え?フツーに。ワックスとか、、、」とボソボソ言いやがった。
フツーって何ですか?
そういえば、最初のヘアスタイルの相談も、打ってもちっとも響かない反応だった。。。
商売する気あんのかな?
もう二度とお会いすることはないでしょう。さよーならー。

結局、今は吉祥寺の別のところに通っているけど、
今のところ、まだ75点レベル。
無駄口はたたかないところはもちろん、
私の希望に対して、いくつも提案してくれるところが好き。
でもたまに、人が読んでた雑誌を志半ばで取り上げられてしまうところがNG。
posted by 毬藻 at 17:26| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月16日

黒い平屋のカフェ

140.jpg 151.jpg


うちの実家で妹がやってるカフェ。
昨年10月に、田舎の地方都市の、さらに田舎にてオープンしました。
看板も出さず、住宅街みたいなところにあるため、知る人ぞ知るお店として、
暇な主婦たちの巣窟になっているそうです。

先日、義理のおかんが上京したときも連れて行きました。
カフェといっても、わりと手の込んだ和食の食事を出す店で、
同じ敷地内に住むおばさんが料亭仕込みの腕をふるっていて、これが絶品。
手伝いをしている、うちの母(料理嫌い)は
60歳間近にして、料理のレパートリーが増えまくり。
私的には実家に帰る楽しみが増えてうれしいんだけどね。

それでも母と妹は、客から見えない厨房で熾烈なケンカをしたり、
それだけならまだしも、デブの客見て笑いを噛み殺したり、苦労が絶えないようだ。
近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りを。。。
posted by 毬藻 at 17:28| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月15日

明日は休むぞ!

最近、仕事が忙しくて、
昼間ブログを書くことができなくなってきたぜ。

しかも、今日はとてもつまらない会合に行ってきた。
会社の方々が私の結婚祝賀会をやってくれたのだが、
その幹事さんの段取りが悪すぎて、こんなに自分のための会で嫌な思いをしたのはじめて。
せっかくの気遣いだから文句は言いたくないが、
やっつけ仕事で催すのなら、別にやってもらわなくてもいいんですけど。

ふあー、つっかれた。
今日までの疲れを癒すために明日は休んでやる!!

明日はおうちで何しよっかな。
あー、楽しみ。
posted by 毬藻 at 22:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月08日

なぜか今でも

昨日、前の会社で同じ部だった人たちと、
月島のスペインクラブというところに飲みに行った。
月曜日のみフラメンコのショーをやっていて、わりと高めだったけど、
パエリア美味しかったな。

それにしても、もう辞めて2年近く経つのに、前の会社で一緒に働いていた人たちとは今でも関係が続いていたりする。
昨日会ったメンバーとも、3ヶ月は間を置かずに会っている気がするわ。
ゴルフに一緒に行ったりするからかな?
でも、ゴルフの友だけではないな。
同じ会社で一緒に働くってだけの共通項だけから始まって、
こんなに関係が続くのって面白いのね。

話は変わるけど、私の上司から悪臭が漂っている。。。
ひどいスメルだ。
この人、お風呂入るヒマがあったら仕事をしていたいらしく、
若干42歳にして、75歳並みの加齢臭を汚れた襟元から放出している。
あー、頭が痛くなってきた。
これって絶対、社会人としてマナー違反だわ。
人の体に害を及ぼすところも考えると、パンツ一丁で出社するのと同じくらいの違反だわ。
おえ〜〜〜。。。
posted by 毬藻 at 18:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月07日

あたしのブログ教えなきゃよかったと思った瞬間

踏んだり蹴ったりの週末でした。

木曜日くらいから夫婦間に亀裂が入り、
昨日爆発しました。そして、終息しました。。。

まあ、夫婦のケンカは犬も食わないと言うくらいですから
人様にお伝えするようなお話でもないのです。
内容はいつもと同じ、グウタラ亭主VSテンパリ嫁の仁義なき戦いであり、
最終的には、「これ以上一緒にいたら、取り返しのつかない事になるから!」
なんて脅し文句の名言を残しつつ、事は収まったわけです。

しかし。
私は当初、このブログのことをご主人には内緒にしていたのですが、
なんとなく隠しながら書いているのが面倒になってきて、教えてしまったのですね。
でも、この週末ほど、それを後悔したことはありません。
あたし、ここのブログに思いっきり罵詈雑言を書きまくりたかったのに!!
そうすれば、ちょっとは気が晴れたのにっっ!!!
なんて思ってしまったわけです。

私にとって、ブログは自我を開放する場にしようという狙いがあったのですが、
そのためには絶対匿名じゃないとダメってのが条件で、
でも、他の人にも見てもらいたいってのがあって、
そんでもって、友達とも共有したいななんて思い始めて、、、
これって矛盾してるなぁ。

でも、まあいいさ。
いつかどこかで、日経新聞の「愛の流刑地」みたいなエロ小説のブログを立ち上げるか。。。

posted by 毬藻 at 15:18| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月04日

箱根神社に行きたい!

今年に入ってあまり良いことがない。
細木数子によると、今年の水星人マイナスは良い年だって言ってたのに、、、
と思っていたら、
そうだ!あたしは初詣にまだ行っていない!!

私は神社が好きである。
特に、背山臨水(背後に山があり湖や川に面している場所)の地理にある神社は
山岳信仰によるところから、強力なパワースポットと言われていることもあり、
鳥居をくぐるとヒンヤリと澄んだ空気が漂っている。
また、山や木々の緑と鳥居の赤のコントラストも美しい。
そんな霊験あらたかな場所で、呼吸を整え、厳かに神様に手を合わせる、
という一連の行為が、自分の小ささを思い知らされてまた楽しい。

とりわけ好きな神社の一つに、箱根神社がある。
この神社は、ウワサの西武グループの堤義明氏の先代、堤康次郎氏が熱心に詣でていた神社で、
一時期の西武グループの破竹の勢いは、箱根神社のパワーによるものだとも言われている。
だから私も!というわけではないのですが、
ここの神社は前述した条件にぴったり当てはまる、
関東近郊の神社では屈指のパワーをもらえる神社なのです。
おそらく、堤義明氏は箱根の神様にとても失礼な振る舞いをした結果、
見捨てられたのではないかと思います。

ここで神社と正しくお付き合いする方法をひとつ。
神様にたくさんお願いするのはいいのですが、
良いことがあった時には、きちんとお礼をすること。
これは基本だそうです。
要求するばかりではなく、感謝の気持ちを忘れずにってことですな。

ちなみに、箱根神社に御参りした後、近くにある山の上ホテルの1Fレストランにて
アップルパイを食すというのが、究極のパワー注入コースです。

posted by 毬藻 at 11:25| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月03日

おじいちゃんの笑顔

今朝、電車の中にて。
目の前の席が空いたので、ラッキー♪と思いつつ腰掛けたところ、
前方にカーキのニット帽を被ったおじいちゃんが現れた。
おじいちゃんは私の席からは背中を向けて、ちょっと離れたところのつり革に掴まり、自分の立ち位置を確保していたのだが、私は、おじいちゃんの背中がなぜかいとおしく感じられ、
思わず立ち上がって、おじいちゃんを私が座っていた席に誘導した。

その時のおじいちゃんの「ありがとう」とはにかんだ笑顔。
私の祖父が元気な頃の笑顔にそっくりだった。

今年の正月に会ったおじいちゃんは、私の名前も忘れてしまうくらいにボケが進行していた。
封を開けたボックスティッシュを10箱くらい並べて、なぜかそのボックスに油性マジックで毎日の自分の体温を書くのが日課だそうだ。
年末には、みんなの目を盗んで大玉の飴を食べ、それを喉に詰まらせて、生死の境をさまよったそうだ。

おじいちゃんは、何のために生きているんだろう?
ふと、思った。
みんなおじいちゃんが死なないように、神経をすり減らしながら介護をしている。
でも、もうおじいちゃんは元気だった頃のおじいちゃんに戻ることはない。
この先生涯、私の名前も思い出せないままだろう。
もしかすると、それより進行したら私が孫であることすら忘れてしまうかもしれない。
そうして、おじいちゃんは周りの人たちの手を煩わせまくりながら死ぬ。

ってことは、おじいちゃんはもはや、死ぬために生きているのだろうか??
みんなが辛い思いで介護をしてまで生きてて意味あるのかな?
でも、おじいちゃんには生きる権利がある。
それは若い私たちと一緒だ。
それに、死は誰の人生の前にも立ちふさがるものだ。
じゃあ、私たちもやっぱり死ぬために生きているのかな??

posted by 毬藻 at 13:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月02日

メガネブス

はぁー。
今日は目が腫れてしまったので、10年近く前に買ったメガネで出社しています。
メガネで化粧もほとんどせずに会社にいると、全く緊張感がないなぁ。

コンタクトを装着して、化粧をすると途端に緊張感がうまれる。
でも、すっぴんのメガネブスだと何もかもがどうでもよくなる。
髪がボサボサであろうが、服が毛玉だらけであろうが、あくびする時に手で口を押さえるのすら面倒くさい。。。
あー、全部がめんどうくさい。

うーん、何だかブログ書くのも面倒くさくなってきたぞ。
メガネブスの功罪は大きいなぁ。
頼むから明日はパッチリおめめになってくれよ。

やっぱり女は化けなくちゃ。
posted by 毬藻 at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月01日

老後の不安

私、30歳。
老後の不安?
正直、全く考えたことないです。。。

今日、40歳をむかえたばかりの淑女とランチをした時の話題。
そういえば先日も、テレビで老後の貯蓄について特集していたなぁ。
彼女は現在独身。離婚した時の慰謝料で家を建て、自分の会社も持っている。
そんな彼女が、自分の会社を手放し、ある会社の社員に落ち着こうかと悩んでいる。
それは、安定した老後を送りたい為、だそうだ。
私の周りは、起業したい人がうじゃうじゃいるっていうのに何てもったいない話だ。
なーんて言いたくなるところだが、当事者にとっては切実な問題なのである。

私はどうなんでしょ?
そういえば、老後というか将来についてとても不安でたまらなかった時期がありました。
それは28歳のとき。
おととしくらいだったな。
もうすぐ30歳になっちゃうし、自分は手に職もないし、
このままずっと一人で生きていけるのだろうか??なんて思ったり、
そのころはよく自分の将来真っ暗闇だとかなんとか触れ回っていたような気がする。

でも、なぜかケッコンするって決めて、ちゃんと主婦やりたいなーと思い始めてからは、
将来が真っ暗闇だなんて思わなくなった。
それは、奥さんとしてのレールに乗るからっていうよりも、
なんとなく自分の可能性が広がるように思えてきたからかも。
それはきっと、一緒に生きていく人ができたっていう安心感とか心の支えができたっていうのが大きいのだと思う。

物質的なものだけ満たされても、人は幸せに生きていけないのかな?
私はそう思うな。

ちなみに私は、「40歳からはじめる恋」についてレポートを提出するよう、彼女に求められている。
posted by 毬藻 at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月24日

いびきと仲良く付き合う方法

うちのダンナさまのいびきが凄い。
とにかく大きな音で、断末魔のような雄叫びのおかげで
私は何度となく、夢から現実に引き戻されている。

最近、空気が乾燥しているせいか、だんなさんのいびきが怪物並みになってきたため、
もともと蓄膿症(自称)だと言い張るダンナさんのアドバイスのもと、
加湿機を買ってみた。しかもハイブリッドのやつ。
最初の数日はいい感じと思ったものの、すぐに元通り。
続いて、ブリーズライト?(鼻に貼るやつ)を購入。
早速試してみたけど、え?前よりひどくなってない??
昨晩は、私が耳栓をして寝てみたのですが、
うんうん、うるさくはない。
でもっ!耳に慣れないものつけてると気になって眠れない!!
という状況に陥る始末。
はぁ。どうして私ばっかりこんな思いをしなくちゃいけないの!?
最近、こんなことばっかり思っているせいか、毎朝機嫌が悪くて、
こんなのが一生続くのかと思うと涙が出てくる。。。
やっぱり人間は三大欲求が満たされないと、どんどん野蛮になっていくのね。

ただ、本人も少なからず私に対して申し訳ないと思ってくれているらしく、
自分が別の部屋で寝ようかと提案してくれる。
でも、それでは根本的な解決にはならないから最終手段にしたい。
本人はなんだかんだ言っても自覚症状がないからな。。。
私がキャーキャー言ってるのが収まればいいやと思っているんだろうな。

いびき問題って世の夫婦ではどうやって解決しているんだろう。
夫婦の愛で許しあってるのかな??



posted by 毬藻 at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月21日

優秀な人

昨日は、前の会社時代の友達に久々に会い、ダンナ様と3人で飲んだ。
彼女との私の共通点は、同い年というくらいで、性格も全く違う。
でもなぜか、私の数少ないライフイベントの際には、彼女にいろいろと報告をしたくなる。
たまに辛辣なフィードバックをいただいたりするのだけど、それも心地よい。

昨日、3人で「優秀な人」の定義について話し合った。

「きちんと人の話を聞き理解し、それを基に
自分の考えをまとめ、自分の言葉できちんと相手に伝えられる」

すごくシンプルに考えるとそういうことだろうと思う。

カウンセリングでは、「傾聴」「受容」「共感」が最も重要であると言われている。
受容・共感とは、決して、相手と同じ感情・思想になることではないし、
同じ経験をしたことがあるから分かってあげられる(家族を亡くしたことがあるetc.)
とかいうことではない。
以前私は、相手を受容して共感するということは、上記のようなことだと思っていて、
相手の辛さ、悲しみを理解することができず、自分の人生経験の少なさに悩んだことがあった。

そのときのカウンセリングスクールの先生に言われた言葉が、、、

受容して共感するということは、自分がそれと似たような経験をしているからできるというわけじゃない。それは単に経験を自分にすり替えているだけのことです。
相手がその時、その場所であなたに話をしている、その状況全体を受け入れることが受容であり、その人がその場で「私は辛い、悲しい」とあなたに語っているその場全てを共有することである。

うーん。意味不明の言葉になっちゃったかな?
こんな感じのことを言われたんだけど、文章にすると伝えにくいな。。。
とにかく、相手の言葉じりだけを捉えてわかるとかわからないとか言ってないで、
その人がどうして自分にそういう話をしているか、もしかしたらめちゃめちゃ緊張してるかもしれない、何か訴えたくて一生懸命話しているのかもしれない。
そういう態度も含めて理解するとうことなんじゃないの?ということ。
そう考えると、「自分は全く違った考えを持っているけれども、今あなたがそう思ったことは理解できるよ」と思えたりするわけです。

そんなわけで、最初の優秀な人の定義の話に戻るけど、
人の話をきちんと聞いて理解するというのは、
相手の立場になって理解するということではなく、
いかに自分の主観を脇に置いておいて、相手の空気に入り込んで聞けるか?
ということではないでしょうか?

あ、今日は「相手に伝える」ほうまで話がまわらなかった。。。
それはまた次回ということで、、、
posted by 毬藻 at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。