2005年10月04日

つまりは単純に君のこと・・・

8月のクリスマスを観に行ったよ。

山崎まさよし。

いいねぇ。


最初、これを山崎が演ると聞いたときは抵抗があった。
韓流映画の焼き直しってどうなのよ!?
オリジナル観てないけど、不治の病で死ぬとか大げさな愛とか、
そんなのを彼にやらせていいものなのか、と。
さらに、相手役の子の顔が歪んでいるのも気になるし!
っつーか、私は誰なんだ?

ところがどっこい(古い?)
贔屓目で見ているところもあるけど、なかなか良い作品だった。
オリジナルを超えたね!
観てないけど。

ひたすら淡々としていた。
自分が死ぬという現実に、ラストスパートするような激しさもなく、
かといって、達観して菩薩のように向き合う嘘臭さもない。
彼女との距離感も離れすぎず近づきすぎず、納得できる結末だった。
ラストに同名曲『8月のクリスマス』が流れて来たときには自然と涙がこぼれた。

そして、何よりも山崎まさよしが良いのよ。
彼ほどフツーの人の役が似合うオトコはいないんじゃないの?ってほど。
激しい愛の言葉やアクションがなくても、フツーであることの心地よさに気づかされる。
それだけで、充分ファンタジー。
前作の月とキャベツの時にも同じように感じた。
そして、彼に恋した・・・。きゃっ。
いよっ、ファンタジスタ!!

デビュー10周年なのに、未だに垢抜けない彼。
そこが母性本能をくすぐるところなのかも。


posted by 毬藻 at 18:34| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
B先輩、こんにちはっす。
なんか、ブログのネタが少し被ってて嬉しいっす。10周年だから、古い歌がラジオから流れてきたんだねー。なるへそ。
Posted by しぃくん at 2005年10月08日 00:39
C君、おひさしぶりっす。
うふ。かぶってるね♪
あなたのおかげで、
「価値観は否めない」が気になって仕方がなくなりましたよ。

Posted by 毬藻 at 2005年10月12日 21:22
お久しぶりです。元気かしら?
ずっと気になっていた「月とキャベツ」をやっと観たよ。
あと、「恋の門」も。
笑える、君のおかげで観たって感じ。
相対的なこの二つを一気にみたのはどうかと思うけど
両方気に入ったわ。
ありがとう。
Posted by ii8-ii at 2005年10月13日 14:02
ii8-iiさん
コメントのお返事遅れましてすんません。。。
月キャベ(?)観てくれたんだぁ。
気に入ってくれると思っていたぜ。

最近、昔の映像を見て気づいたんだけど、
彼、八重歯を矯正していたみたい。
純朴な青年風情でも、やっぱりビジュアルは気になるようで。。。

8クリ(?)も観てよねん。

Posted by 毬藻 at 2005年10月25日 18:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

online pharmacy valium
Excerpt: たまに来ますのでよろしくお願いします。
Weblog: online pharmacy valium
Tracked: 2006-10-13 15:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。