2005年09月20日

京都から大津へ

西国旅行記第二弾!!


奈良を後にした私達は、夏休みの最後に、夫婦水入らずで京都に泊まったのです。
ただ、想定外の事実は、うちのダンナさんは京都があまり好きじゃなかったってこと。

そうだよね。奈良出身としては、京都に都もっていかれちゃったし、嫉妬したくなる気持ちもあるよねむかっ(怒り)

なんて慰めると、余計激怒されちゃったりして。。。
そんな彼の心を表してか、京都は夕方から土砂降りでなかなか思い通りの行動がとれず。
でも、いくつかオススメスポットを発見したよ。


まずは、世界文化遺産の下鴨神社
2005_0911nara0031.JPG
ここは、京都の中でも屈指のパワースポットだと聞いて、私も初めて行ってみた。
しかし!!!
わたしら、予定が狂っちゃって急いでいたのでタクシーで乗り付けたわけ。
そうしたら運転手さん、とっても気を遣ってくれて、神社の隣にベタ着きしてくれたのよ。
でも、神社訪問の大原則は、ちゃんと参道を歩いて鳥居をくぐること!
結局、横入りみたいな気分でわき道から本道へまっしぐらするしかなかった私達。
これは重大なマイナスポイントでした。

ちなみに、この神社は糺ノ森という平安京造営時から残っている森の中を突き抜けて行く参道です。
ここがパワースポットでもあるようです。
ちょうど川の中州にあるので、水と木のパワーが充満しているんでしょうな。


続いては、今回行ってみたかった場所のひとつである比叡山、延暦寺
2005_0911nara0036.JPG

車だったのでとても便利だったんだけど、有料道路が高い!!
しかも、延暦寺の参拝料もしっかり取られる。
儲けてんなぁ。さすが、僧兵なんて言われてヤクザまがいのことしていただけあるわ。
天台宗の総本山なだけあって、スケールが大きいし、そうそう下界には降りられなさそうな場所にあるから、修行には持って来いだと思う。
でも、荘厳ではなく、きな臭い雰囲気があるのはなぜ?
この感覚、靖国神社にも似てるわ。ま、偏見ってのもあるけど。


そしてそして、クライマックスは滋賀に行っちゃったよ。
私達が一番楽しみにしていた、大津にある園城寺(三井寺)
2005_0911nara0037.JPG

こちらも天台宗の総本山。
延暦寺の円仁さんと、三井寺を興した円珍さんはどちらも最澄のお弟子さんだったのだけど、
仲が悪くて、それぞれ山門と寺門に袖を分かつことになってしまったそうです。
実際見比べると、建物の雰囲気も全く違う、ような気がする・・・
例えば、延暦寺が金閣寺で三井寺が銀閣寺みたいな感じかなぁ。ちょっと違うけど。

でも、三井寺はかなり怪しい。
メンテナンスの怠り方が半端じゃない。
苔だらけの石段、古くて全く字が読めなくなった看板。
そして、本堂以外に開放しているお堂の中は明かりもつけず真っ暗。
夕方訪れたら、ちょっとした肝試しができるでしょう。

でも、見どころはたくさんあるのです。
そもそもこの寺は、壬申の乱に敗れた大友皇子の怨霊を鎮めるためのお寺なのです。
天智天皇が産湯につかったという霊泉があったり、
現存する日本最古の庭園があったり、天智天皇が自分の指を切ってそれを埋めた場所なんていう涙ものの(あ、私のね)スポットがあります。
伝説では、弁慶の引き摺り鐘や暴れる龍の絵なんてのもあります。
それなのに、無造作です。
超テキトーです。
ただ、そこがたまらなく良いのです。。。

なんとなくオカルトっぽい臭いがする三井寺。
憑物落としの彼が傍らにいてくれたら、最高かもね。






posted by 毬藻 at 14:44| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 神社・寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
京都は、金儲けのにおいがプンプンするので嫌い。それは延暦寺にも言えること。おそらく延暦寺の坊主は京都への入り口であることを利用して、通行料だの商売する権利だのでぎょうさん金をとってたんでしょう。そういう意味では三井寺のほうが地の利がいいはずなのに(延暦寺は山の上、三井寺はふもと)、延暦寺にしてやられてる感がある。ごちゃごちゃ文句言うと弁慶みたいなたちの悪い僧兵が出てきて脅す。ヤクザですな。

20年前に古都税導入をめぐって、京都の坊主が猛反対したのは幼心に坊主の金への執着を見た気がしてすげえイヤになった。それ以来京都へのネガティブなイメージは払拭できず。。。

俺の心のふるさと東大寺も汚いんことしてるんやろか。。。
Posted by yoshiwo at 2005年09月20日 17:01
yoshiwoさん
いつも熱いコメントありがとうございます。
確かにストイックな生活を送っている坊さんは、もはや皆無なのかと思われるところもありますよね。ただ、794年から続いた古い歴史ある町ってのは、そういうことを差っぴいても魅力的なんじゃありませんこと?
Posted by 毬藻 at 2005年09月21日 17:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7121306

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。