2005年11月15日

君へ・・・

祝・結婚ぴかぴか(新しい)

おめでとう、さあや。

今日のハレの舞台でも、うなじを拝めなくて残念。
そのおかっぱ頭は、晴れても曇っても雨が降っても寸分の狂いもないのね。

わが敬愛する本間しげるのネタで、
さあやに恋する青年の話がある。
さあやに恋した青年は、さあやに恋焦がれるあまり右翼団体に所属するも、写真にキスをしているところを仲間に見られて制裁をうける。
それなら天皇制を廃止しようと左翼団体に入るが、皇居に車で突っ込み刑務所へ。
最後はさあやとの叶わぬ恋に思いを馳せて、死刑台へむかう。
芸術が爆発しまくった素晴らしいお話です。

さあやと黒田さんの子ってどんな顔なのかな?
きっと、さあやの血の濃さが勝って、彼女にそっくりの子が産まれるんだろうな。


話変わって、初めて市主催の子宮がん検診とやらを受けてみた。
私の周りにも子宮の病気を持つ人がとにかく多いので、とても不安だったわ。

受診前の心得に、「前日に陰部を洗うな」と書いてあったので、
こりゃあ絶対に女医じゃないと見せられんと思い、必死で女医の病院を探した。
それをダンナに話したところ、「陰部」じゃなくて「膣部を洗うな」と書いてあることが判明。
あっ、、、そう。
はあ、びっくり。アンド、はずかしい。。。。

でもやっぱり女医のやってる病院に行ってみたら激コミで、なんと3時間半もかかってしまった。
ここの先生は、一日あたりざっと100人のオンナの局部を見てるって計算ね。

ようやく私の順番になると、例の恥ずかしい格好になる椅子に座らされた。
直前に、甘えん坊の声で「こわいよぅ・・・」と言ってみた。

「あなた、SEXしたことあるでしょ!!」
ピシっと一蹴。
さすが女医。オンナはオンナに甘くないということを身をもって実感。
レディースクリニックなんて言うから、デリケートな部分はデリケートに扱ってくれると思ったら大間違いね。
否応なしにまさぐられ、洗浄され、あっという間に終了。

なんでしょう、この気分は。
軽く処女喪失?

自転車のサドルにまたがるのを少しためらいがちに家路を急ぐ、午後の昼下がりでした。
posted by 毬藻 at 18:17| 東京 🌁| Comment(39) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。