2005年07月28日

夫の役目

生命保険に入ってもらったの。
夫に。

私を幼いころから可愛がってくれていた伯父が、
ずっと保険会社に勤めていたこともあり、
夫が今まで加入していた生命保険を見直してくれたのだ。

人のいい伯父は、
「ちょっと縁起が悪い話でごめんね」という前置きを毎回つけながら、
旦那さんが病気で亡くなったら保険金はいくら、
旦那さんが事故で亡くなったらいくら、という話をしてくれた。

私も保険会社で働いていたので、そういう場面は何度も目の当たりにしていたし、
別に今まではなんとも思わなかったのだが、
自分の夫を生命保険に加入させるという行為は、
なんともいえず、興奮した。真剣に考えた。
そして、死んだらこれだけのお金を手にするんだと思うと、保険金殺人したくなる気持ちがちょっとだけ、ほんのちょっとだけね、分かる気がした。

まあ、それは冗談ですけど。

夫婦になって新しい家庭を築くにあたり、
死の準備が必要不可欠であることに初めて気づかされた。
これは、独身のときには全く考えなかったことかも。
もちろん、今だったらまだ若い(?)し、働き口もまだまだあるだろう。
でも、これが5年後、10年後に育ち盛りの子供がいる中、家計を支えている夫に先立たれてしまったら、
愛する人が亡くなって寂しいという感情だけでは終われない。
それでも今までどおり子供を育てて生きるという使命を持って生きていかなければいけない。

そう思うと、自分が死んだときのために、妻にお金を残すというのは、
夫の重要な役割なんだわね。

結婚なんて、たかが紙切れ一枚のものだと思うところもあるけど、
紙切れ一枚で、人の人生を背負い合うっていうのかしら?
死んだら後はよろしくたのむよってな具合に関係が成立しているんだと思うと、ちょっと恐ろしい。
全くの他人だった人に人生預けちゃったり預かっちゃったりする関係。
夫婦になるって、とてつもなく深い絆を結んでいることなんだと思った。

考えてみたら、世の中の仕組みもそうなっているしね。
私の義母も、夫を亡くして遺族保険と言う名のもとに国から生活を保障されているし、
うちの母が今後もらうであろう年金も、やっぱり父の稼ぎにゆだねられていたりするもんなぁ。

私のために、たくさんお金を残そうとしてくれている夫のために、
私はこれから実家に帰るわよ。
実家に帰って、私の生命保険の契約内容を変更してくるわよ。
私だって死んだら葬式代くらいは夫に残してあげないと。

何で実家に帰るんだって?
親バカの両親が、未だに私の保険料払ってくれてるんだもの。
仕方ないじゃない・・・。











posted by 毬藻 at 12:57| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月26日

実は好きかもしれない現実

最近観ているドラマ。

スローダンス

実は、これに出ている妻夫木も藤木直人も割と私のタイプだ。
よって、私にとってこのドラマは内容はどうであれ、祭りだわ。
いやぁー、こんな兄弟に口説かれたら、人生全て投げ出しても悔いはないかも・・・
なんて要らぬ想像をしている自分が惨めで哀れ。でも、許している。

彼らが共通して私のツボなのは、である。
マウスね。

大きくて、できれば唇厚め。
笑ったり歌ったりすると、これでもかというくらいに伸びるのが良い。
なんかこう、口だけで説得力があるっつーの?
唇の自己主張みたいな、そんな顔をツマブキ氏も藤木氏もされているようです。

じゃあ、まな板に明太子のような顔で良いのかというと、もちろん、そんなことはなくて、
さらに、眼は切れ長が良いとか、バランスも大切よね。

そんなこんなで、私の中で、ツマブキ氏は最近の若者の中で最も理想形の顔だと思っていたのだけど、実は、藤木のほうが一枚上手だったみたい。
この人、ど下手なくせに歌手やったりするから、好きだと思ってもすぐに嫌いになっちゃうんだけど、
やっぱ彼のほうが大人だわ。
30過ぎてからじゃないと出せない安定感というのかしら?

突っ走るだけじゃダメなのよね。ツマブキ。
5年経ったらまたおいで。

ついでに、ドラマはこれでもかというほど30女を貶めている話だけど、
実際、こんなに虐げられるもんか?とも思うけど。流行ってるんだな。
深津がかわいいから許すか。




posted by 毬藻 at 12:13| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(1) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

地震対策

いやぁ、昨日はまいったまいった。

地震

昨日は三鷹で用事を済ませた後、友人に会うために銀座に行くことになっていた。
三鷹駅に着いたら、ちょうど5分前にあった地震の影響で電車が全て運転見合わせだって。

結局、三鷹駅のホームで2時間近く放置プレイされ、銀座まで3時間の長旅になってしまったよ。
それにしても、さすが巨大ターミナル新宿駅。
地下鉄に乗り換えるために降りたのだけど、
JR、私鉄、地下鉄、全線ストップの衝撃は大きく、途方にくれる人々が階段や通路に座っている様は、テロさながらの風景(知らないけど)に見えて、背筋がゾクっとした。

大地震が来る来ると言われ続けているが、地震ではよっぽど運が悪くない限りは死なないでしょう。
そして、避難所生活なんかを送るのも極一部の地域だけでしょう。
よって、一番可能性が高いのが、電気・ガス・水道がマヒした状態で生きなければならないことでしょう。

そこで、阪神の震災に遭った人などに聞いた地震対策をご紹介。

☆電気が止まったときのために
 ・ろうそく&マッチ(ライター)の買い置き
 ・電池いらずの多機能LEDライトがあると便利

☆ガスがとまったときのために
 ・ガスコンロ&予備のガスボンベを常備

☆水道が止まったときのために
 ・ペットボトル水の買い置き
 ・お風呂に常に水を張っておく(残り湯を捨てずにとっておく)
  ※これは去年、横浜で台風被害にあった人も言っていました。
   数日の断水でもお風呂はこれでしのげた、と。
  ※ちなみに、風水ではこれをやると「主人が家に帰らなくなる」といわれています。


その他考えられることが、物流のマヒ
コンビニやスーパーに人が殺到し、食料や生活の必需品が買い占められる可能性があります。
もちろんそのために食料の買い置きなどの対策がありますが、もう一つ、小銭を多く持っておくこと、だそうです。
例えば、5万円くらいを全部千円札や5百円に崩して家に置いておくのです。
というのも、人が押し寄せると、必然的に店に小銭がなくなって、おつりを貰えない状況に陥ることが多いらしい。それでもどうしても必要な数百円のものを買うために、一万円札で払ってお釣りをもらえずに帰ってくることもままあるそうなのです。


以上。
我が家でも実践していることはこれの半分くらいしかないけどね。

でも、こういう生々しい話を聞くと、災害が他人事ではない気がするわ。





posted by 毬藻 at 08:53| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

フィニッシュ!!

先週末、私達にとって、おそらく最後にして最強の結婚パーティーに行った。

私達が出会うきっかけになった会社の、同僚のみなさんが主催。
社内の人たちには一切告げずに、密かなオフィスラブを敢行していた私達にとって、
彼らは二人が愛を育むにあたり、最も近くで時間を共有してきた人たちであり、
すっかり騙しまくってしまい、頭があがらない人々でもある。

だからこそ彼らには、ドレスアップして瀟洒な場所に来てもらって、高砂からお出迎えするのが筋ってもんだったかもしれないが、それも叶わなかったこともあり、
正直、不誠実なことをしたという後ろめたい気持ちがあった。

でも、今回はそんな気持ちが吹き飛ぶくらい楽しい宴を催してもらったわ。
とても素敵な会場とプレゼントを用意してくれて、
人前で話すことを生業としてるはずの彼女が、緊張して祝辞を述べてくれたり、
みんなで寄ってたかって赤裸々な質問を浴びせてくれたり、
若干古いマツケンサンバとピンクレディーを披露してくれた。
というか、何よりもこんな私達のために集まってくれたのがありがたかった。

ふぅ、安心した。
これでようやく、お祝いしてもらいたいと思った人たち全員に、お礼を言うことができた。

ほんとうに、どうもありがとう。

2005_0715party0715050005.JPG

残るは、うちの母があーだこーだ言っている写真の整理と、
クラッシュしたPCとともに消滅した住所録を整理して、みんなにハガキを送るのみ。

やれやれ。
これで、私の結婚イベントは終了ね。


ちなみに、次の新たな目標は、最近毎週ジムでやってるヨガのために体をやわらかくすること。
あたしの体の堅さは半端じゃない。
前屈してるときの頭の高さが、隣で並んでやってる爺さんといい勝負なんだってば・・・。

posted by 毬藻 at 15:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

ワレ思フ。故ニ、ワレ在リ。

今日の私は朝から束縛されている。
というか、軟禁されている。

去年から見てみぬ振りをしてきたけど、
いい加減レポート出さなくちゃ、人間論の。
これをやり遂げなければ卒業できんわ。

そんでもって、意を決して先週からテキストとにらめっこをしているものの、
まったくもって意味不明。
デカルト?カント?ヘーゲル?
屁理屈男の集まりでしょ?
いや、私、理屈っぽい人嫌いじゃないけど、
人の屁理屈をまとめる作業はうんざりなんっすけど。

テキストが泣けてくるほど頭に入らないので、
「ソフィーの世界」を読んでみた。
次に、岩波ジュニア新書の「ヨーロッパ思想入門」を読んでみた。
荒療治で、ダンナが持っていたデカルトの原書訳本を読んで見た。
二文字で挫折した。

うーーー、でも、何かまとまらない。
岩波ジュニアとかソフィーの世界って誰向けの本ですか?
中学生か?小学生か?
もういいよ。そうだよ。わたしゃ、それ以下だよ。
学生時代に確か哲学の単位をとったはずなんだけど、
どうやって、どんなズルをして取得したかも記憶にないわよ。

今日はレポートをとにかく書くと決めて、一日中机に向かってはいるものの、
途中、無性におなかが空いてきたり、みんなのブログが気になったり、
ちょっとシエスタしてみたり、女子バレーを応援してみたり。
でも、何をしても頭の中には啓蒙主義。
夢にまで出てくるよ、デカルトの肖像画。
心も体もガンジガラメ。

ま、いいか。
今日の夜、考えを熟成させて、明日全てを出し切ろう。
なんのこっちゃ。

ガンバレ、ニッポン!!




posted by 毬藻 at 20:49| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | カウンセリング/学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

占いと宗教とカウンセリングと・・・

雅楽子さんのブログを見て、占いについて考えた。

私もどちらかというと、占いは大好きだ。
神社のおみくじなんかの類もやらずには気がすまなかったりする。


以前、カウンセラーの先生が、人が心が病気になったとき、
占い屋、カウンセリングルーム、宗教法人のうちどこに駆け込むか?という話をしていたが、

占い屋  60%
カウンセリング 30%
宗教屋  10%

ざっとこれくらいの割合になるそうだ。
カウンセラーはダントツで占い屋さんに負けてしまうと。

曲がりなりにもカウンセラーを目指している私としても、
雅楽子の、占いで心が晴れたというコメントには考えさせられるものがある。

占いと宗教とカウンセリングは、要は紙一重なのだ。
ゴールは一緒だもの。何を原因とするかの違いだけだもの。


例えば、A子さんというOLが、
「毎朝起きるのが億劫で、会社に行くのが面倒。かといって、プライベートな時間も何だかかかったるくて、日々の生活が充実していない」
こんな思いを抱えながら悶々としているとしよう。

そんなとき、占いだったら、

あなたは今年は星の廻りが悪いので、ひたすら耐えていれば、来年は運気が開けてきますよ。うん。来年は周りの人からの援助もあるみたい。
もしくは、

今の仕事はあなたには向いていないとカードが言っているわ。本当のあなたはもっとクリエイティブな才能があるのよ。そのチャンスを逃さないで!!

まあ、こんなような答えに受け手が喜びそうな言葉で彩られたフィードバックがあるのでしょうか。

次に、宗教の場合、

今、あなたのご先祖が悲鳴をあげています。
われらが教祖が、ご先祖の霊を慰めてあげましょう。
あなたもひたすら信心するのです。


とか、

この不思議なパワーストーンを身につければ、肩こりも倦怠感もなくなって元気になりますよ!!

他にもっと斬新なアプローチがあるやもしれぬが、まあこんな感じかな?

とにかく、その時のA子さんのスランプの原因として、占いの場合は生年月日をもとに弾き出された星や運勢だったり、そのときに彼女が選んだカードやトランプだったりするわけです。

そして、宗教の場合は、先祖の供養が足りないだとか、そもそもA子さんがその宗教を信じていなかったからスランプに陥った、というようなロジックで話を持っていきます。

では、カウンセリングの場合はというと、
原因を自分で探す努力をさせます。カウンセラーはそれを探すお手伝いをする。
A子さんは、いつからそうなったのか?
どうして会社に行くのが億劫なのか?(会社に行くとなにか嫌なことがあるのか?)
ちょっとでも楽しいと思えるときは何をしているときか?
とにかく、原因を知るために掘り下げていくのです。

そうすると、A子さんは、実は上司に言われた何気ない一言で深く傷ついていた、とか、能力や自信がないとあきらめてしまっているやりたい仕事が別にあった、とか、親に早く結婚しろとせっつかれてプレッシャーに押しつぶされそうだ、などの原因を突き止めることができるかもしれない。
そして、その原因で悩んでいる弱い自分をアカの他人(カウンセラー)と共有し、許し、かわいがってあげるのです。


カウンセリングの話が長くなってしまったけど、
占いや宗教は、自分以外の他の何かを原因にすることになるので、
聞いていて、とても気持ちがいい。
もちろん、宗教や占いがきっかけで救われている人もたくさん知っているし、それが間違いだと言うつもりもない。

ただ、自分を知るということは、
知らない(もしくは、知った気になる)状況よりも人を強くさせるらしい。
目を瞑ったまま回避する恐怖よりも、目を開けてどの程度の恐怖か知っているほうが確実に回避できる。
もちろん、目を開けていると、とんでもない化け物を目の当たりにすることになるかもしれないから、めちゃめちゃ怖い。
自分を知ることも本当に怖くて、私もカウンセリングの学校では、ゲロを吐きそうになるほど泣かされた経験がある。


私は、自分がいつかやりたいこともあり、カウンセリング推奨派なのだけど、
まだまだ日本に根付かない理由もいろいろあると思うわ。
薬事行為ができないので、一緒に薬を処方できないってのもあるし、
日本は目に見えないサービスにお金を払うことを嫌うってのもあるし、
お金と時間ばかりかかるってのもあるし。
信用できない人がやってるってのもあるし・・・。


でも、最近人気のある占い師たちって、細木数子しかり、銀座の母しかり、
実はみんな同じことを言っているのよね。
衣食住を大切にすることと、先祖供養。
男は仕事をし家庭を守る。女は家でご飯をつくり子供を育てる。
これって、人としてわりと当たり前のことだよね。
こういう人達が人気があるのって、みんな年寄りに怒られたがってるのかな?
やっぱり、病んでるの???





posted by 毬藻 at 16:09| 東京 🌁| Comment(7) | TrackBack(0) | カウンセリング/学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月11日

復活(仮)

ふぅ。
やっとPCが見られる環境が整ったわ。

私のかわいいPCちゃんは、やっぱりお陀仏。
データは全滅。
でも、いつか修理に出してあげるから待っていてね。

そして今は、ダンナのディスプレイがイカレたノートPCを復活させ、
中古のモニターを購入。
狭い机の上は、モニターと役立たずの液晶ディスプレイを携えたノートPCが占領している。
キーボードの部分なんて、机からはみ出してるってば。

あー、うざい。狭い。
スマートじゃないでしょ。
なんでこんなに大きなノートPCを、わざわざ別のモニターで見なければいけないのよ爆弾
しかも、毬藻PCより若干スペックが劣るので、反応も鈍く感じるし。
私の華麗なるパソライフをどうしてくれるのよ!!

さらに困ったことに、このPC、ダンナの留学時代の思い出がいっぱい詰まったPCなので、
エロ画像やエロブックマークがたくさん。
どおりでクリーナーで拭いても拭いても、きれいになった気がしないわけだ。

そんな穢れPCと過ごす日々を考えると、どうにもこうにもやり切れなくなり、

この状況、すごく嫌なんです・・・。

と、ダンナに愚痴ってみた。

俺だってもっと嫌だよ!お前にそんなもの見られるの。

うん。そりゃそうだ。
妻がいつ何時それらの画像をダブルクリックするかもしれない恐怖と戦っているのだから。

以前、何かの折に、罰ゲームはPCにあるエロ画像全部削除という提案をしたら、死に物狂いで頑張っていた。
まあ、この聖域は守ってあげよう。


それにしても、いざ、家でPCを開くことができないとなると、
むしょーに気になるものだ。

あー、今週の天気予報はどうよ?今すぐに知りたいんですけど!!

うー、勉強しなくちゃ。でも、サイトにアクセスしないと課題が!!

あらいやだ。ブログのネタ、いつになくたくさん思いついちゃった。
あー、Upしたいーーー!!


もはや私の生活には無くてはならないものになってしまったらしい。
携帯電話だって、無くても不便じゃないと思っていても、家に忘れたりすると途端に不便で落ち着きがなくなったりするしね。。
これでテレビやビデオを取り上げられたら、私、多分死ぬわ。寂しくて。

文明って、一度それに慣れてしまうと手放すのは至難の業なのだわ。
今更ジャングルになんて帰れるわけがないわよ。




posted by 毬藻 at 10:45| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

死亡

ブログ書いてる途中でPCがぶっ壊れた。

初めて携帯から書いてみた。

だって、悔しいんだもん!
まだ買って一年半ですよ。でも、保証期間終わってしまいましたよ。
ハードの故障らしいから、修理費用は53000円だってよ。
消費者なめとるんかい、東芝ちゃん?

はぁ。
こうしている間に、初期化もまた失敗してるし。

うちのダンナも、同じくダイナブックで、やっぱ一年半でディスプレイが壊れた。

なんで?こういうもんなの?東芝が良くないの?それともノートだから?

もう、泣きたいよ。誰か助けてよ。バックアップとってないよ。修理代なんて払えないよ。

うぇーーん!!
posted by 毬藻 at 16:50| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

本間しげる鑑賞

本間しげるというピン芸人さんが好きなんです。

ピン芸人といっても、
「ヒロシです・・・」とか、「わたしだけ?」とかいう女芸人なんかとは一緒にしないで欲しいのです。
芸人というか、一人表現者。
言葉と動きと思想の芸術家なのです。

わかりやすく言うならば、イッセー尾形をより繊細にかつ無骨に(!?)した御方とでも申しましょうか。

そんな彼のライブに、週末行ってまいりました。
場所は竹芝ロックスタジオ。
倉庫のような写真スタジオに、一段高くなったステージがあるのみ。
観客は入り口でパイプ椅子を持たされ、思い思いの場所に腰を落ち着けるスタイル。

彼は、そんな舞台で、お見合いパーティに参加する女性になったり、スタバでお茶するIT社長になったり、ポマードべったりの政治家になったりします。
彼はそれぞれの、メイクや髪型はもちろん、しゃべり方、手の動き、たたずまい、全ての動きを研究し尽くした上で演じます。
そういう姿を借りて発する言葉は、よりリアルで面白いのです。
かといって、政治家の姿をして世の中に問題提起をしているかというと、そうではなく、
ただひたすら茶化している。
そこが、涙が出るほど笑えるのです。


まあ、本間の話をするとキリがなくなってしまうのでこの辺で止めておきましょ。


良いモノを鑑賞していつも思うことは、東京に上京して良かった♪ということ。

田舎者の私が考えるに、東京VS田舎の大きな違いというのは、娯楽の数だと思う。

まあ、当然っちゃ当然の話なのだが、
例えば演劇などは、常時地元で見られる環境はほとんどない。
もちろん、田舎に住んでいても、そういうのが好きな人はチケットをとって、はるばる東京の劇場に足を運ぶでしょう。
でも、大多数の人は手軽には行けない。
チケット代プラス交通費プラス時間
これを考えると、冒険はできない。
手堅く四季のミュージカルや、自分の好きなタレントが出る舞台などには、満を持して行けるけれども、
面白いかどうか微妙な演目には、なかなかチャレンジする気がおきない。
これが、田舎者の総意だと思う。

それが、都会に住んでいるとそこらじゅうに劇場があり、とりあえず見に行ってみようと重い腰を上げる回数が、極端に増えるのだ。
それだけ、人生の糧が増えるとも言える。

娯楽ってのは、もはやただの暇つぶしや金持ちの道楽ではない。
遊びがカラオケや全国一斉ロードショー映画だけでは寂しすぎる。
もちろんそれには代えがたい、草の匂いやマイナスイオンが東京にないのは寂しいけど。

東京には夢がある

そうやって、みんなが東京に憧れて上京してきちゃうから、近隣地方都市がどんどんさびれていく現状。
当然、人の集まらないところに娯楽は生まれないよね。
なんか寂しいわね。








posted by 毬藻 at 19:14| 東京 ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。